加齢臭ってどんな臭い?

加齢臭対策を考えるうえで、まず「加齢臭」というものをきちんと理解しておく必要があります。加齢臭とは、中高年特有の「脂臭い体臭」のこととされています。 この脂臭い体臭の原因物質は、「ノネナール」という物質で、中高年の皮脂に含まれる「脂肪酸」が分解されることや、「過酸化脂質」によって酸化することで発生します。 若い人の皮脂には、脂肪酸がほとんどなく、過酸化脂質の量も少ないため、脂臭い体臭がしないのです。

男性の主な原因

加齢臭ときくと、「おじさんのにおい」というイメージが強いのではないでしょうか。加齢臭の原因である「ノネナール」は、男女に関係なく、年齢に比例して増加する成分です。 しかしながら、一般に男性は女性よりも皮脂の量が多いので、男性のほうが女性よりもにおいが顕著に感じられます。 男性の方が女性よりも早いうちから加齢臭が目立ち始めます。若いうちから加齢臭対策を考えておいた方が良いでしょう。

女性の主な原因

女性にも、加齢臭物質「ノネナール」はあるため、年齢とともに加齢臭が発生しますが、女性は体内の女性ホルモンの働きで皮脂分泌を抑えることができています。 女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの働きが活発になって皮脂の量が増えるため、加齢臭が発生しやすくなります。 女性ホルモンが減り始めるのは35歳前後であるといわれています。社会で働く女性が増え、ストレスが増えたことも、加齢臭を増大させています。

加齢臭の対策おすすめ10選

加齢臭は男女ともに原因物質が同じなので、加齢臭対策も男女同じ内容で構いません。どの対策も決して難しいことではなく、日常の気遣い程度で済みます。 加齢臭を気にしすぎるのもストレスとなる可能性があります。過度に気にすることなく、加齢臭対策だけは万全にしておきましょう。 万全な加齢臭対策を後ろ盾に、普段は「加齢臭はない」と考えて堂々と生活を送りましょう。

1:汗をこまめに拭く

加齢臭対策に限らず、体臭予防として、汗をこまめに拭くことは有効です。難しいことではないので、今すぐ始めたい加齢臭対策です。 体臭は放置された汗が雑菌に分解されて生じるもの。こまめに汗をふいて清潔な肌を保つようにしましょう。 加齢臭は、特に首の後ろや耳の後ろあたりの汗腺から発せられるといわれているので、加齢臭対策として首や耳まわりの汗をこまめに拭きましょう。

2:湯舟につかる

湯舟に浸からずにシャワーだけでも、十分に体を洗い、汗を落とせるから、自分はシャワー派だという人もいるでしょう。 しかしながら、湯舟に浸かるのは加齢臭を抑えるにとても効果的です。冷房の効いた部屋にいる人は、夏でも汗をかかずにいることがあります。 汗をかかずにいると汗腺の機能が低下し、老廃物が汗腺に溜まります。この老廃物も体臭や加齢臭の原因となるため、加齢臭対策として湯舟で体を温めることは有効です。

3:髪の毛をきちんと乾かす

加齢臭や体臭は、雑菌がもととなることもあります。髪の毛をきちんと乾かさない状態でいると、雑菌が繁殖しやすくなります。 加齢臭対策としては、シャンプーなどに気を配ることも有効ですが、まずは、髪を洗うたびに、髪の毛をきちんと乾かしてみましょう。

4:タバコを止める

タバコを吸う人は、加齢臭や体臭という以前に、ニコチン臭で他人に不快な思いをさせています。 若いころはタバコを吸っていても体の自浄作用が働き、ニコチン臭も強くありませんが、加齢とともに自浄されなくなり、強い悪臭を放つようになります。一種の加齢臭といえます。 ほかの加齢臭対策を行っていても、タバコを少し吸うだけで、もとの木阿弥となります。加齢臭対策として、悪臭の元凶であるタバコを断つことをおすすめします。

5:ストレスをためない

ストレスと加齢臭には、深い関係があります。ストレスを感じると、体内では活性酸素が発生します。この活性酸素により、過酸化脂質が大量に増えてしまいます。 過酸化脂質は加齢臭の原因物質「ノネナール」のもとなので、結果として加齢臭が強くなる可能性があります。 加齢臭がし始める年齢は、仕事上でもストレスをため込みやすい年齢といえます。加齢臭対策としても、ストレスは早いうちに解消するよう心がけましょう。

6:抗酸化作用のある食材食べる

加齢臭の原因物質である「ノネナール」を生み出す原因となる過酸化脂質は、活性酸素の増加によって増えます。 したがって、加齢臭対策として、活性酸素を打ち消す効果のある抗酸化作用のある食事をとることで、改善が期待できます。 抗酸化作用があるのは、ビタミンC・Eやカロテン、食物繊維を多く含む食べ物です。ビタミンCが多く含まれる野菜や果物、ビタミンEが含まれるナッツ類や魚卵類、緑茶を食事に取り入れましょう。

7:肉・植物油料理を控える

動物性の脂肪には、皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を過剰にする作用があります。脂質の多い食事は加齢臭だけでなく、体臭全体を強める原因となります。 加齢臭対策としても、動物性の脂肪はできるだけ避けた方が良いでしょう。植物性の脂肪を代わりに摂取するのもおすすめできません。こちらも加齢臭対策としては、避けたい食品です。 植物油に含まれるリノール酸は、体内で酸化し、加齢臭の根本原因である過酸化脂質になります。

8:腸内環境を整える

腸内環境が悪くなると、便秘や下痢など体の直接的な不調を引き起こすばかりでなく、加齢臭の原因にもなります。 腸内に住む善玉菌は、糖分や食物繊維を発酵させてエネルギー源としています。腸の働きを良くする善玉菌を増やすには食物繊維や発酵食品が最適です。 腸内環境を良くすることは、加齢臭対策にもつながります。積極的に善玉菌を増やす食物繊維や発酵食品を取り入れましょう。

9:イソフラボンをとる

女性の加齢臭は、女性ホルモンの分泌が減少して、男性ホルモンの働きが活発になって皮脂の量が増えることで発生しやすくなります。 女性ホルモンと似た働きをする植物性の「イソフラボン」の摂取は、加齢臭対策として効果的です。植物性のイソフラボンは「大豆製品」に多く含まれています。 女性のみの加齢臭対策となりますが、味噌や納豆、豆乳などのイソフラボンを多く含む食物を毎日摂取するようにしてみましょう。

10:有酸素運動

有酸素運動がなぜ加齢臭対策になるのか、疑問に感じる人も多いでしょう。有酸素運動による加齢臭対策としての効果は、間接的な効果になります。 ・有酸素運動で脂肪を減らすことで、加齢臭原因物質としての脂肪も減る ・有酸素運動でストレスが軽減され、加齢臭原因となる活性酸素の発生を防げる 間接的な効果とはいえ、加齢臭対策としては有効とされているので、積極的に有酸素運動も取り入れていきましょう。

加齢臭対策を考えている人におすすめ

加齢臭対策を本気で考え始めた人は、ここまでご紹介した加齢臭対策をひととおり実践してみましょう。必ず効果が得られるはずです。 ただし、加齢臭含め、体臭は自分では感じることができない匂いなので、加齢臭対策をしていても、まだ心配が残ります。 念押しも兼ねて、消臭剤「MIMIURASHUSHU」(耳裏シュシュ)も試してみてはいかがでしょうか。加齢臭は耳裏の部分がキツイといわれています。効果的に消臭しましょう。

加齢臭の対策のためのおすすめの商品

加齢臭は、年齢を重ねた人たちの共通の悩みであり、だれもが加齢臭対策を望んでいます。だからこそ、「加齢臭に効く」を売り文句にした、加齢臭対策グッズもたくさん販売されています。 ここでは、実際に加齢臭に効果があると評判の加齢臭対策商品をご紹介します。

その1:デオタンニング 薬用ストロングソープ

本製品は、柿渋を使った殺菌・体臭ケア製品です。加齢臭対策専用というわけではありませんが、細菌由来のにおいは、柿渋による殺菌効果で消臭が期待できます。 植物保湿成分も配合されているため、うるおいのある肌に仕上がります。

他の柿渋石鹸のレビューと比較して、これに決めました。 これまでボディソープ派でしたが、これから石鹸を使ってみたいと思います。 使用して数日ですが、消臭効果は出ています。出典: http://amzn.asia/d/buc9ik4 |

その2:MARO 薬用デオスカルプシャンプー

本商品は、シャンプーなので洗浄効果はもちろんあり、そこに殺菌効果が加わっています。洗浄殺菌効果により、アブラとニオイが徹底除去されます。 脂肪由来の悪臭が原因となっている加齢臭対策としても、本商品は適しています。加えて、髪のボリュームもアップしてくれるので、年齢を重ねてきた人たちに適しています。

薬用成分が匂いベタつきの元を殺菌してるので最初から効果が実感できます!洗った感じも悪くなくトータルバランスが良いシャンプーだと思います!!!出典: http://amzn.asia/d/icMzJZw |

加齢臭の対策は早めにした方がいい

加齢含め体臭は、本当に気分が悪くなりイヤなものです。他人の加齢臭も気になりますが、そのイヤな臭いを自分が発しているのは、我慢ならないのではないでしょうか。 日常的な加齢臭対策をきちんとしていれば、強烈な加齢臭は防ぐことができます。加齢臭対策を怠らず、さわやかな毎日を送りましょう。

食生活を見直して綺麗になろう

加齢臭対策には、食に対する対策もいくつか含まれています。以下のリンク記事も参考に、食生活の見直しも行いましょう。 食生活を見直すことで、加齢臭だけでなく、ほかの健康面にも良い影響があるはずです。